未分類

Posted on 2019-05-26
結霜(けっそう)ガラス

盛夏の候はまだまだ先ですが、ひと足先に、涼しげなガラスのお話を。

旧大内邸大広間は大きなガラス窓が特徴ですが、
その上下にあるガラス窓に、シダ植物のような、霜が降りたような、繊細な模様が入っています。

これは結霜(けっそう)ガラスと呼ばれるもの。
板ガラスに膠(にかわ)を引き、それが乾燥する時に生じる強い収縮力を利用して、細かな模様を入れたものです。旧大内邸を訪れたお客様にその名を教えていただきました。大正時代によく作られていたようで、この大広間が作られた時代と丁度合致しています。
収縮からこのようなデザインが生まれることは、面白いことです。

涼しげなガラス越しに眺める夏の緑もまた格別です。
旧大内邸にお越しの際は、ぜひ大広間でゆっくりお過ごしください。

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment