未分類

Posted on 2021-10-31
「〜立花町の食の心を受け継ぐ〜 第2回里山料理研究会(ぬか床)」*満席となりました

「〜立花町の食の心を受け継ぐ〜里山料理研究会」第2回(ぬか床)開催のご案内

旧大内邸では今年度、福岡県八女市で都市農村交流に取組む団体「母の膳推進協議会」と連携をし、
『~立花町の食の心を受け継ぐ~里山料理研究会』を3回シリーズで開催する事となりました。
第2回目のテーマは「ぬか床」です。

かつてはどの家庭でも作られていた「ぬか床」。
母から子、子から孫へと、家庭の味として受け継がれてきたものですが、
今ではご自宅で「ぬか漬」を作られる方も少なくなってきたのではないでしょうか。
平成25年12月に「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産へ登録され
「日本食と食文化」への国内外の評価が高まったことで、
ぬか漬をはじめとした発酵食品が再注目され始めています。

当邸代表であり、料理研究家でもある田中真木が、
日々のお手入れのこと、保存のこと、美味しいぬか漬けの作り方などを語ります。
当日は実際にぬか床を作り、お持ち帰りいただけます。

ぬか漬け作りのコツと日本の食文化を学ぶこの機会、ぜひご参加ください。

◎講師…田中真木さん(白城の里 旧大内邸)
◎開催日…2021年12月7日(火)10:00ー12:00 (受付/9:30ー)
◎場 所…旧大内邸(福岡県八女市立花町白木3245)
◎参加費:1,000円(材料費)
◎定員…10名
◎持ち物:ぬか床を持ち帰るための容器(壷やタッパーなど、約2.8L~3.0L程度が入る大きさ)
◎問合せ・申込先:お電話または下記にご案内している申し込みフォームよりお願いいたします。
 母の膳推進協議会
(電話:0943-35-0760(大道谷の里))

◎実施内容
・真木さんの“ぬか床”研究会
・ぬか床の作り方、手入れの仕方、お漬物料理のことなどのお話
・真木さんブレンドのぬか床づくり体験
・意見交換

詳しいご案内はこちらから>研究会開催のご案内

お申し込みはこちらのフォームより>申し込みフォーム


*2021年11月19日追記/おかげさまで満席となりました。ありがとうございます。
オンライン参加のみ受付中です。



RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment