未分類

Posted on 2018-11-21
旧大内邸縫い模様の会 11月

「縫い模様の会」通年コースは月1回のペースで開催されています。
11月の会は、紅葉真っ盛り。色とりどりの眺めを楽しみながらの時間です。
館内には、山から届いた秋の草花も活けられました。

課題制作コースはトートバッグ、自由制作コースのみなさんはそれぞれに、
洋服や、がま口ポーチなどを制作しています。
手仕事が暮らしから遠のいて久しい現代、
作ることの喜びと心の豊かさを、ささやかだけれども繋いで行く場になればと願っています。

お昼には、いつもとちょっと趣向を変えて、小さな「紅葉狩り」を開催。
お二階の書斎で、食後のコーヒーとお菓子を楽しみました。

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2018-11-12
12月14日・15日 旅する茶のくにバスツアー *満席となりました

地元を愛する八女人ガイドさんと一緒に巡る、
八女の魅力を満喫する「旅する茶のくにバスツアー」。
12月14日・15日は旧大内邸にゆっくりと滞在する
「〜趣を楽しむ、ゆるやかな時間〜」が開催されます。
田中真木さんが手がける立花町で採れるお野菜を中心とした食膳を楽しみ、
古布等を用いた暮らしに便利なものを制作いただきます。
講師は「縫い模様の会」でもご指導いただいている
池田ちはる(humanite)さんが担当します。
いろいろ試作を重ねているようですよ。どうぞお楽しみに。

詳しくはこちらからどうぞ>旅する茶のくにバスツアーHP

*11月24日追記/両日とも満席となりました。ありがとうございました。

 

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2018-11-01
霜月

旧大内邸を訪れる方が、山から様々な草木を届けてくださいました。

赤い実にも大小様々な種類があり、土間も秋の彩りです。

大広間から眺める紅葉は、見頃まであと少し。

凛としてツワブキの花が咲いています。

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2018-09-19
11月7日開催 縫い模様の会 秋1日講座「 縫い模様で遊ぶ敷物作り」のご案内 (満席となりました)

手仕事に親しむ、秋の1日講座のご案内です。

コースターや鍋敷きなど好みのサイズの敷物を、布合わせを楽しむ「縫い模様」で作ります。

敷物作りには「まっすぐ縫う」「コーナーを直角に仕上げる」「アイロンをあてる」など、縫い物の基礎がたくさん。午前と午後、間に昼食をはさんでゆっくりと“作る”時間を楽しみましょう。

開催日は2018年11月7日[水]、ただいまお申し込み受付中です。

詳しくはpdfをご覧ください。…(星印をクリック)

10/30追記  おかげさまで満席となりました。ありがとうございます。

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2018-08-26
「東南アジアの山岳民族衣装展」ご来場ありがとうございました。

「東南アジアの山岳民族衣装展」、会期最終日らしく、三線とギターの演奏が流れる中、にぎやかに開催となりました。

布を蒐集した秋原寛氏をはじめ、ご来場いただいた皆様、
ご縁とご協力をいただいた様々な方のおかげで開催することができました。心より御礼申し上げます。

東南アジア山岳地帯の自然と文化の中で、家族や誰かのことを思いながら、ひたむきに美しいものを作ろうとする心のあり様を、衣装たちは伝えてくれました。

旧大内邸は月曜休館、火曜日より通常どおり開館しております。館内を自由にご見学いただけます。

(現在、母の膳(飲食提供)はお休みしております。)

秋を思わせる花も咲きはじめ、青い栗がひとつふたつと落ち、暑さの中にも少しずつ秋の気配です。

今度はゆったりとした里山の時間を過ごしに、またお出かけください。

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2018-08-25
「東南アジアの山岳民族衣装展」筑前琵琶演奏会開催

筑前琵琶演奏会を開催いたしました。
時には物悲しく、時にはドラマチックに
琵琶の音色と共に語られる物語が邸内に響きわたり、ご来場の皆様と聞き入りました。

本展示もいよいよ明日まで。
衣装や布を通じてアジアの風を感じる時間をお過ごしいただきたいと願っております。

明日もトゥクトゥク(三輪タクシー)を展示しています。
三線・ギターの演奏も、土間にてのんびり開催しています。
ぜひお出かけください。

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2018-08-22
「東南アジアの山岳民族衣装展」会期限定 お食事提供中

現在、旧大内邸ではお食事の提供をお休みさせていただいてますが、
「東南アジアの山岳民族衣装展」の会期中、期間限定でお食事の提供を行っています。

旧大内邸名物まかない料理から生まれた「和風キーマカリー」は、
ショウガと醤油をたっぷりと使った、和のカレー。
夏野菜のぬか漬けと、さくさくのジャガイモチップを乗せてご提供いたします。カレーと一緒に提供される季節の小鉢は、日によって、その日採れる野菜によって、また、気まぐれによって変わりますのでどうぞお楽しみに。

紫蘇ソーダや、立花町産のブルーベリーを用いた涼やかなお飲物や、八女の抹茶をたっぷり使った抹茶プリンもございます。

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2018-08-22
「東南アジアの山岳民族衣装展」アジアの布・服飾販売中

「東南アジアの山岳民族衣装展」では、アジアのテキスタイルや、布を用いたオリジナルデザインの服飾の販売を行なっています。
アジアの布は、さらりとした肌ざわりのものが多く、
高温多湿な日本において、とても着心地が良いものです。

タイのシルク絣、「マットミー」は、そのままくるりと巻くだけで洒落たスカートに。
好みの柄の布は、壁に掛けるだけで素敵なインテリアになります。
手しごとが上手な方は、ご自身で洋服や帯に仕立ててみても。

アジアの布がこれだけ揃っての販売は珍しいのではないでしょうか。
展示と共にお楽しみください。

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2018-08-22
「東南アジアの山岳民族衣装展」筑前琵琶演奏会のお知らせ

「東南アジアの山岳民族衣装展」を記念し、

8月25日(土)14時より、旧大内邸にて
筑前琵琶旭会の、石橋旭姫(きょっき)さん、原口旭愛(きょくあい)さんによる演奏会を開催いたします。(参加費500円/茶菓付)

琵琶は、東アジアにルーツを持つ、弦楽器のひとつ。日本には7.8世紀頃に中国を通じて入ってきたとされ、正倉院宝物にも、当時のものが遺されています。

中でも、筑前琵琶は鹿児島や筑前国(福岡県)を中心に伝えられたもの。物語などの「語り」と楽曲が組み合わさり、聞き入るほどに情景が広がります。どうぞお楽しみください。

*演目は 予定です。

*ご予約不要です。当日会場までお越しください。

*お座席に限りがあり先着順とさせていただく場合があります。ご了承ください。

 

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2018-08-21
「東南アジアの山岳民族衣装展」手仕事に込められた思い

今回の展示では、タイ、ラオス、ベトナムをはじめとした、
東南アジアの国境山岳民族の衣装を展示しています。

ミャオ族(南東部)においては、
藍染の布を「ピカピカ」に光らせる技術があります。
地域に寄って技法は異なりますが、
水牛の皮を煮出した汁に浸したり、玉子(卵白)や豚の血を塗ったり、
いぶしたり、たたいたり、ローラーで磨いたりして、この艶を出すそうです。
布で皮革を再現したような触感があり、
光沢ある布をまとうことで独特の力を得られるかのような、化学繊維には出せない存在感があります。

ヤオ族は抜群のデザインセンス。
ボリューム感のある真っ赤な襟巻きを大胆にまといます。

モン族は刺繍の名人。クロスステッチなどの技法を組み合わせ
文様に意味を込めながら刺繍します。

美しい色彩、精緻な刺繍。文化と共にあるデザイン。
しかし、これらの技術が近代化の波と共に変わりつつある現状もあります。
機械で織られた布を用いたり、
模様を刺繍ではなく「プリント」した土産物が出回ることも。

展示している民族衣装たちが語る声に耳を傾ければ、
現代の手仕事のあり方について考えさせられます。

RSS Feed  Posted in 未分類 | No Comments »